高い保湿力を持った物質

ヒアルロン酸について説明します。ヒアルロン酸とは、高い保湿力を持った物質で、アミノ酸の一種であるムコ多糖で、構成物質は炭素、窒素、酸素、水素です。ヒアルロン酸については大きく分けて三つの種類が有り、分子の大きさによって呼び名が変わります。分子が大きいものはバーレーン、比較的分子が小さいものはレスチレン、最も分子が小さいものをレスチレンファインラインと呼びます。ヒアルロン酸には天然ヒアルロン酸と人口ヒアルロン酸の2種類にも分けられ、天然ヒアルロン酸は主に鳥の鶏冠といった動物の生態から抽出し、人口ヒアルロン酸は人の手によってバイオ製法で作り出されます。ヒアルロン酸については主に保湿力すぐれており、およそ1gで約6リットルの水分を保持できます。またヒアルロン酸は年度が非常に高く、粘弾性物質とも呼ばれています。保湿力と粘弾性はヒアルロン酸の持つ大きな特徴です。ヒアルロン酸については、老化現象と関係があると言われています。そのためアンチエイジングのための商品でヒアルロン酸が使われています。ヒアルロン酸は体内で作られますが、加齢とともにヒアルロン酸が作られる量は減少していくという特徴があります。体内のヒアルロン酸は幼少時が最大で、その後は30代以降から急激にヒアルロン酸が減少して、40歳には幼少時の約半分になってしまいます。年齢とともに体内で減少して不足しているヒアルロン酸を補うことで、アンチエイジング効果を期待することができます。